雑穀研修@高遠胡蝶庵さんで手揉み

2011年11月11日

県教委との懇談会。

今日は長野県教育委員会の皆さんと
下伊那教育七団体、天龍村関係者との懇談会がありました。

議題はへき地級地の見直しについてです。

詳細な資料を作っていただいてのプレゼンテーション。
そしてそれぞれの立場から、現状についてのお話などを天龍小学校で。

DSCN2420






私は教育委員の立場であり、また小中学生の保護者の立場から
道路状況、JRの状況、医療についての現状をお話しさせていただきました。

緊張しますね。。。。゚(((lll´艸`)緊張・゚・

お昼はお弁当をいただきました〜♪

DSCN2421






教室からいい匂いが漂ってきたので(笑)
5年生教室に乱入〜!!

キーマカレーとナン、ジャーマンポテト等々の美味しそうなメニューでした。。。
いいなぁ〜。。。

午後は村内をご案内させていただきました。
旧福島小学校、旧向方小学校を視察してから
現在児童生徒が通学している現状を見ていただきます。

中井侍の駅、伊那小沢からスクールバスのルート
そして十久保(花月が歩く道)の通学路も見ていただきました。

何故、このような視察だったのかと申しますと。。。

少し前に国の基準が変わった時
天龍村はへき地指定(特別地)を解除されてしまいました。

市街地と同じ扱いなんです!

で、何が原因かというと・・・
「駅があるから」なんですね。

この車社会で
1時間に1本もないダイヤで使い勝手はスコブル悪く
雨が降ったり鹿とぶつかったりで度々不通になって
高校生の保護者の方は飯田までの送り迎えも余儀なくされることもあるのに

へき地でなく市街地?

笑っちゃいますが。

机上で地図を広げてポイントを加減するというのは
本当に乱暴なことです。

私は天龍村が大好きで、日本一元気な村にしたい!と思っているけど
ここで暮らすことの過酷さというのも乗り越えなけれならない大きな壁。
市街地と同じと言われて「はい、そうですか」というほど現実は甘くない。

実際に過酷な毎日を過ごしている子供たちの現状に
少しでも思いを馳せていただけたら嬉しいことですね。

一日雨降りの肌寒い陽気でしたが
遠くからお越しいただいた県教委の皆さま
我が事のようにご心配いただき大変なご準備をしていただいた教育七団体の皆さま
今日は本当にありがとうございました!!


現地視察が終わってから飯田へレッスンに。
その後塩尻に来てお泊まりしています!

DSCN2423-1






ロフトベッドがあってゴキゲンな花月桜。(笑)
もちろん。むーちゃんも一緒です♪

明日は朝から豊科で手揉み実演会があるので前日泊で〜す!ヾ(=^▽^=)ノ

yamanoyado_kamaya at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 教育委員会 | 出来事

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
雑穀研修@高遠胡蝶庵さんで手揉み