2015年09月01日

防災訓練。

今日は防災訓練がありました。
あいにくの雨降りで、参加される人は少なめ。。。

私は下山の集会所の担当でした。^^

非常食の試食の準備をしましたが
市販の非常食って結構高いですし
集会所まで取りに行けない人も多いと思うので
家にあるもので簡単にご飯が炊ける方法を試しました。

DSCF2854-1






上の味ご飯は市販の非常食を熱湯で15分。
右の白飯は市販の非常食を水で60分。
左のシーチキンご飯は、ビニール袋に材料を入れて湯せんで30分。

お米も研がずにそのままですし
ビニール袋を2重にする事で、雨水や川の水でも湯せんにかけられて便利。
お米は各ご家庭に必ずあると思うので
手軽にあるものを使っていざという時の備えが出来るといいですね。^^

来年は焼き鳥缶で作ることになってます。(笑)

参加された皆さん、お疲れさまでした!!

yamanoyado_kamaya at 16:55│Comments(2)TrackBack(0)天龍村 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひーくん   2015年09月01日 17:40
むささびさん、こんにちは。
NHKの朝イチも、今日は「非常食について」でした。
朝イチでは、「非常食として特別のものを非常食とするのでなく、通常の食材の在庫を多くして「先入れ、先出し管理」をする事により、味期限が切れることのないようにすることが良い。」という内容の事を放映していました。
そのような意味からも、洗米と水加減をした通常米を、2重にしたビニール袋に入れて、川の水等(すなわち汚れた水)の中に入れて、約30分間湯煎する調理方法は有効ですネ。サバの水煮缶を醤油などで味付けして混ぜてから湯煎すれば「味付けごはん」の非常食になりますネ。
2. Posted by ヒーくんさんへ   2015年09月01日 19:25
こんばんは。^^

私たちのような立地条件で生活していると、ある程度の食料は確保していますので
あるものを例えば 「電気が使えない場合」とか「水道が止まった場合」などを想定して
簡単に調理できる事が大切かな・・・と思います。

缶詰があるといろいろバリエーションが広がっていいですね!

いろいろと研究してみたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字